エントリー

大変な事が判明した!驚愕!

国税庁の申告書作成コーナーで配偶者扶養欄の出力を確認していたら、配偶者無しの扶養者有りの場合、配偶者欄が詰まって1行目から扶養者が記載される。動的に記載している事が判った。OCR処理する場合は、国税庁HPかどうかを確認し、続柄を判定しなければならない。活字で来るなら、「配偶者」は認識出来そう。控除額の有無での判定も。同配なのか16歳未満かは続柄判定に委ねられる。
と、OCR処理の観点で書いたが、パンチする場合はどうだ?パンチャーがミスしそうだな。
扶養者が12人いると、行が半分の高さになって、無理無理押し込んでくるのもどうか?と思ったが(昔々、うちの印刷もやってた手法だ)、配偶者欄を潰してくるとは…。国税庁さん頼みますよ。難しい仕事増やさないでください。
うちの印刷担当・帳票担当が悲鳴をあげています。自分もです。ひぃ~!

by 千田

2021.1.7追記
各社のOCRの仕様を見ると、配偶者欄はそのまま1行目が連携される事になっています。弊社もそのつもりでしたが、1行目の続柄と1表の控除額を判定し、且つ国税庁HPなら、これを回避する措置を入れました。局にこの事を確認したら、今から修正は出来ないだろうから、このままの仕様で行くだろうとの事。今からではね。そうでしょうね。
ちなみに、続柄欄の印字はとても小さく、200dpiのTiffでは潰れてOCR処理出来ないかも知れない。対策を入れといて言うのも何だが。
と言う事で、コンペチター各社に警鐘。みんなが怪我せず安全に課税出来ます様に。

by 千田

明けましておめでとうございます。

と、既に6日も経過してからご挨拶。会社は昨日から営業しています。何なら4日から稼働したSEも居りまして。それを言ったら客先で年越ししたSEも居るわけで…。
さて、本番環境も整ってきて、あれこれ質問も上がっております。年末ぎりぎりで実装した機能がリリースになっていないので、いろいろ面倒な事になっています。もう少しお待ちください。
ちなみに、明日、給報系のDBが本番リリースされますので、よろしくお願いします。
メインDBは昨年末の最終版で変更はございません。今のところ。

OCR処理に関して、本年は2表の読み取り項目が増えて(本人控除、扶養欄)、処理時間が2~3倍に増えていると思ったのですが、デバッグ環境で3秒台で処理していたものが、構築後のモジュール単体起動で0.7秒前後で処理される事が解りました。あれ?思ってたんと違う!
と言う事で、本年は2秒/件を目標にしていたので、もう少しリトライ数を増やして読み取り率を上げようと思います。今年は画像を拡大(A4→A3→A2)して認識させる技を入れており、選択出来るようにしました。一度拡大画像を保存する関係でディスクI/Oが入るので足かせになるかと思ったのですが、テンポラリーキャッシュI/Oを使うので実際の物理アクセス前に痕跡消去で上手く出来ている事が判りました。当初はメモリーストリームで処理掛けようとしたのですが、OCRライブラリーの縛りでこれを断念。次にメモリーディスクを生成し、ここを作業用にしようと試みましたが、テンポラリーキャッシュと速度差無し。あれ、普通で良いのでは?となりました。
あとは本物をできるだけ入手して位置調整を行うだけです。AI的に枠線を認識させているのですが、それすらはみ出す強者もいますので…。Excel申告システムなどで印刷した申告書は論外ね。そもそも形が仕様書から大きくずれる。

最後に、問い合わせメールの文章の誤字が多くなっています。社内にQA展開すると直ぐにツッコミが入るので誤字少なくお願いします。(真っ先に突っ込むのは自分ですけどね)
それと、緊急事態宣言限定版が出ると、我々も該当都県に出張規制が入ると思われます。サポートをお断りする場合も考えられますので、十分に準備を行っておいて下さい。よろしくお願いします。

by 千田

本年最後です。

社屋の大掃除も終わった。古い書類をシュレッダーに掛けた。18年くらい前の青年会議所の事業記録もシュレッダーした。青少年育成事業の個人情報も残っていたので、この際処分することに。北上みちのく芸能祭りの実行委員、部会長の書類は残しといた。とは言え復帰するつもりは無い。
キャビネットからThinkPadの外付けキーボードPS/2タイプが出てきた。赤いぽっちが付いているのでPAD方式のマウス入力より楽なんだ。USBかBTの外付けがあるなら即買いだ。自分はUSタイプじゃないとだめなんだ。会社も自宅もUSキーボード。デモノートだけが日本語キーボード。社員がテレワーク中に、子供にノートを破壊されたので、新しいノートを買う事にした。USキーボード搭載のワールドモデルを買って貰う事にして、自分の(この夏に買い換えた)と交換しようと言う算段だ。しかし注文して1ヶ月半。まだ納品にならない。コロナの影響か?大阪で作ってるんじゃ無いのか?
今年起こった事をもう一つ。社内のNASを更新した。従来はセキュリティログをWindows Serverをブリッジして採取しNASを通常の物にしていたのを、アクセスが遅いのでNAS自身でログが取れるLinuxベースのNASに買い換えていた。3年経たずにディスクが逝った。コールドスタンバイに交換した方も1年も経たないうちにディスクが逝った。某北陸企業のNASを使い続けていたが見切りを付ける事にした。新しく入れたのはQNAP。セキュリティログを採取しているのに、今までの数倍(体感的には10倍以上)速くなった。仕事が捗って気持ちいい。評価用に借りた社員の個人所有のQNAPを個人的に譲り受けた(総合短期譲渡で、たぶん赤字だ)。我が家のHomeNASとなった。PCからもiPhoneからも快適にアクセス出来る。
明日は29日だから二重苦にならぬ様に、今日の内にやれる事をやってしまおう。
来年(今年?)は、三十年続けた毛越寺の二年詣りも出来そうに無い。以前は0時丁度に参拝の先頭列に並んでいたが、震災後から2、3列目に、昨今は10列目くらい後ろに並んでいる。先頭を取れないのではなく後進に譲っているのだ。しかし、今年は年明け8時からしか御守りを販売しないそうなので、0時には行けない。仕方が無い。時間をずらして参拝しよう。

「冒険の扉を開くのは君だ、望むなら連れていこう。」とは故ティエリー・サビーヌのパリ・ダカールラリーの有名な台詞。税務LANワールドにも通ずる物がある。ま、私はティエリー・サビーヌにはなり得ないが。そう言う気持ちで税務LANを作っている。お察しの通り、私はバイク好きだ。XR650Rと言うモンスターに10年以上載っていた。歳とともにキック掛けが出来なくなって降りた。今はセル付きに載っている。とりとめの無い事を記してしまった。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。

by 千田

雪害が酷い

雪は止んでいるものの、降った雪が圧雪になって道路上をカバーしていましたが、ここ数日の気温の高さで、溶け出してザクザク、ガタガタ。轍が15cmくらいあり、軽では乗り越えられない状況。おのずと渋滞が発生しており通勤にも難儀しています。車はタイヤ、ハンドル、サスペンションの耐久テストをさせられています。ダンパーついてて良かった…。
関連してもうひとつ、会社の近くの工業団地内の道路は、雪の無い時期は、マンホールの蓋が盛り上がっており、最大5cmくらいの段差がある。知らずに踏むと、車に衝撃が走るので上手く避けながら走っている。雪が積もると、マンホールの熱で其処だけ雪が解けて穴ぼこになる。くぼみは5cmではきかない。10cmを超えるところも多々ある。結局避けながら走ることになる。
こいつらは丁度良い加減と言う物を知らない。
もひとつ。昨夜、地域一帯が停電になった。これも雪害。長時間の停電は震災以来です。こう言う時、オール電化の我が家は弱い。LEDランタンと石油ストーブが有って良かった。その後判ったがBSアンテナがやられた。(T.T)

さて、本日は、年内最後のプレリリースとなります。
メインも重要な機能追加が沢山入りましたので、よろしくお願いします。
何よりも扶養是正関連は、新レイアウトになりますので、EUCチェッカーと併せて更新してください。V9過年度分も行きますよ。

大事な事を書き漏らしていました。
「所得税確定申告等のデータ連携に係る令和3年の送信スケジュール」が公開されていました。「資料情報等の相互データ提供に係るスケジュール」(法定調書とか扶養是正情報とか)もあります。ご確認ください。
令和3年度税制改正の大綱は読んでますよ。

by 千田

税務関係書類の押印の見直し

https://www.nta.go.jp/information/other/data/r02/oin/index.htm
と言う事で。

確申なども押印不要となった場合、申告者氏名を印字していたところは、手書きを求めることになるやもしれない。ちなみに帳票類から印の字を取るのは簡単な事だ。システムで押印するわけでも無し。こちらに対応を求めるのはナンセンス。

by 千田

雪、大変ですね。

一昨日の朝から雪かきを始めて、12時間おきに雪かきしてます。
直近36時間で3回も除雪機出動です。(自分の家ですよ)
今朝は腰の高さまで積もってました。昨シーズンの1年分を3日で超えたのではなかろうか?
今年は、除雪機を買い換えたので(中古ですけど)、パワーもあって例年の半分の時間で除雪が終わります。HSS1170nで389ccもあります。個人の家で持つにはデカすぎるとお思いでしょう?そのぐらい欲しいんです。ついでに隣の家の前も除けてあげてます。
会社のまわりも大変なことになってます。

by 千田

2020.12.18追記
一昨日の朝に腰を超えた積雪は、その夜に胸の高さを超えました。
今朝はおへその位置まで自重で下がりました。それにしても雪降りすぎ。
そういえば、ふるさと納税した自治体からワンストップ特例の申請書が届かない。
自分で申請しろって事か?ま、いざとなれば確申するけど(申告書作るの得意だし)、寄附金証明ぐらいは送ってよこせ!

by 千田

2020.12.21追記
ふるさと納税のワンストップ特例申請書が日曜日に届きました。数日分の郵便と一緒にどさっと。つまり雪害で郵便の配達も遅延していたと言う事でした。出しちゃいましたけどね。郵便代を自腹した感じになっています。これは仕方が無い。↑の発言はお詫びします。m(_ _)m
と言う事で、土曜も日曜も朝晩除雪機動かしてます。なんなら今朝も。しかも携行缶でガソリン購入制限に引っかかってガソリンが買えない。あと3日分はあるので今週くらいは何とか持つ。最終手段は、バイクから抜く。給油口が特殊だから普通のチュルチュルでは抜けないんだよなこれ。
今週末か12/28が本年の最終更新です。A申くらいは作成出来るモジュールになると思います。以前はお正月帰省対象に確申受付していた自治体があったので、還付申告だけは受けられるようにしていましたが、昨今は需要が無かったので定期リリースにしています。レーザー帳票なら位置合わせも不要なので運用には耐えられると思うのですが、やはり本物の申告書を入手しないことにはリリースは出来ませんね。
くれぐれもプレリリースDBに本番データを入れないで下さいね。

by 千田

令和2年分の確定申告に関する手引き等

が公開されました。

ふるさとの山に向かいて言ふことなし、ふるさとの山はありがたきかな。啄木。
申告の手引きに向かいて言うことなし、だから何も言わない。

by 千田

所得金額調整控除②について

年末調整時には、給与・年金の合算処理は行われないので、基本的に所得金額調整控除②が計算されて記載されてくることはない。調整控除②を取る場合は申告が必要だ。
資料合算においては、給与と年金の資料があれば調整控除②は自動計算される。
ここで問題になるのが、申告していないのに調整控除②は計上してはいけないのでは無いか?と言う意見だ。ここは法律で規制しているのか?と言う話です。国は混乱を招かないように、どの様に扱うべきなのか指針を提示すべきなのでは?と思う。
税務LANでは、過去のこのような申告されていなくても考慮すべきものが多々あった事に基づいて計上するようにバイアスした。住民税は資料(賦課)課税が基本スタンス。あとは住民税システム側に委ねようと思う。止めるオプションは検討の余地があるが、たぶん実装しない方向です。
そう言う意味で、確申に給与区分コード1,2,3が追加されて調整控除①②の有無を明示することになっているが、住民税申告書にはこの区分が明示されていない。所得税側が必要と考えて実装した区分コードを住民税側が不要だと判断したのだろうか?税務LANの住申パンチレイアウトには、項目を設けてあるし、パンチの要否には○としている。(◎必須、○パンチする方が良い、×-は不要。)どちらに転んでも怪我はしないように。
余談だが、所得金額調整控除を調整控除と省略すると、人的控除差額に基づく減額措置の控除と区別が付かないと言う意見がある。なので税務LANは所得金額調整控除は調整控除①と調整控除②、人的の方は、人的調整控除または人的調整と呼んでいるし表記している。なんて見ていたら、調整控除と表記しているところを見つけてしまった。これはしたり
もうそろそろなくしてもいいんじゃないかねぇこれ。

by 千田

追記
地電協から国税連携サンプルが届いた。何やらツール担当達が喧々囂々とやっている。自分もざっくりと眺めてみたが、それにしても画像が汚れている。取り敢えず新帳票も来ているようなので、OCRの位置合わせをやっておこう。本日の国税連携プレリリースには間に合いません。悪しからず。

by 千田

給報の調整控除①額の扱いについて

やはり前期特定扶養(16~18歳)の連携だと調整控除対象の記載が無かった場合、調整控除対象かどうかの判定は、調整控除①の金額欄の記載のみとなってしまう事が判りました。
エントリー側では、最終的に条件を満たさず、調整控除①の金額欄の記載が有った場合は、23歳未満等人数に'1'を立てる処理を追加してリカバーしようと考えています。
パンチ仕様書は、ここの項目は○であり、◎とはなっていません。23歳未満等人数を◎にしているからです。しかしながら上記条件ではパンチ時にも漏らすことがあるだろうと判りましたので、金額欄も必須◎と変更します。資料は12/10のプレリリース第二弾で公開します。
と、雑・業務所得は通常連携することに舵取りしました。課税連携しないとまずいと思います。既に資料を貰っている一部のシステムには入ってなかったです。当然ですよね。

by 千田

2020/12/2追記
給報xmlの仕様正式版が出ました。基礎控除は48万の場合「記録しない」となりましたね。事前情報で想定していましたが。これでここをパンチするかどうか悩んでいる自治体さんに答えが出た様で。年末調整には48万書かせておいて、給報には記載しないとは何て事だ!
また、パンチにて23歳未満等人数の数値を2,3人居ても1でパンチして良いか?の問い合わせも不毛なのでやめましょう。一人分しか記載欄無いですし。
もう一つ、国税庁の給報摘要欄への調整控除対象の書き方の部分で、同配に関するところが誤解を招きそうな記述になっているので、気をつけたい。社内でも8割の設計者が誤解した。うちの要の人物まで勘違いした。このお方が勘違いすると言う事は国民の9割9部が勘違いするんじゃなかろうかと危惧。私も此所を解説するのに時間を要した。取り敢えず誤解は解けたのだが…。さて実際の給報にはどの様に書かれてくるか楽しみだ。所得要件否認とか、23歳未満の配偶者をカウントしたりとか、いろいろ面倒なチェックとなりそうですね。一応、世帯内(世帯外扶養紐付けた場合も含めて)、世帯内に調整控除対象が居て調整控除取ってない方が居る場合や、その逆で該当が扶養者及び世帯内に見つからないのに調整控除ありとなっているケースを総括チェックするEUCは用意します。なので頑張ろう!なっ。

by 千田

社内評価で…

給報の合算処理を毎時19万件弱処理できた。チューニング次第でまだまだ稼げそうである。ちちなみにサーバー専用機じゃないですよぉ。目標はこの1.5倍だ。つまり毎時30万件。
さて各所のパフォーマンスや如何に?

by 千田

ページ移動

ユーティリティ

カレンダー

2021年10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed