エントリー

2008年の記事は以下のとおりです。

V8デモ版更新しました。

NetHaspの解除コード不要なバージョンです。
年金特徴額計算に5パターン実装した版です。
寄附金控除正式計算版です。と言っても08年版です。

by 千田

V8デモ版更新。

・給報エントリーとメインとのイメージ連携を機能強化しました。
・償却資産テーブル、事業所宛名テーブルのレイアウトを変更しました。
・上記に伴いデモDBデータを入替えました。

by 千田

V8デモ版更新しました。

約2ヶ月ぶりの更新です。
年金特徴のシミュレーションを新しくしています。
想定される5パターンのうち3パターンを実装しています。
詳しくは同梱の資料をご確認下さい。
メニューのグラフィックを新しくしています。
給報エントリーツールの年金特徴対応版もアップしておきます。

メインモジュール差し替えました。
・給報合算の扶養人数エラーにて続柄の切りだしエラー発見。
・給報10枚以上ある場合の年金の加算が弾かれていました。
(いずれも合算バッチ処理側の問題です。)

by 千田

そろそろV8最新版が欲しい?

年金特徴の処理もまとまってきました。
給報エントリーツールの社保庁90形式JIS8データの取込部も完成しています。
eLTaxのXMLデータ取込も完了。
もう少しお待ち下さい。
by 千田

V7メイン更新

給与の画面の明細横スクロールが表示されていませんでした。
枠がフォームをはみ出していました。修正しております。

年金の特徴処理について2点

年金の特徴処理に関するガイダンスも終わり、いろいろ仕様が明らかになりました。
一番大きく困った事は、社保庁から来る年金の電子データが総務省331フォーマットでは無かった事です。
年金の取込口は331フォーマットで対応するつもりだったので足下をすくわれました。
ただ今、JIS形式固定長の取込を開発中です。
eLTaxもLGWANも同じ形式のデータが届きます。
ちなみに、給与の電子データは、eLTax経由でも総務省315形式なので何ら問題ありません。
(タグ除去処理は実装済みです。)

今回の制度改正で影響を受けるのは、V7版給報エントリーツールの年金取込部分です。
改修費は営業までお問い合わせ下さい。大きな金額にならない様に配慮します。
V8は標準実装です。

年金特徴者の設定に関しては、社保庁データを変換して個人番号を付番する処理が必要になります。
基礎年金番号などは付かない様なので、カナ・生年月日マッチングが必要になります。
このために汎用の個人番号付番ツールを用意しています。こちらは無償ツールです。
税務LANには、住基情報への年金特徴フラグの後付、年金明細への年金特徴フラグの設定を考えています。

by 千田

V8デモ版更新

住民税シミュレーションに細工。

V7、V8の自治体コードファイル更新

自治体コード(宛名)ファイルを新しいものにしました。
入れ替えてご使用下さい。
役所・役場の大口事業所郵便番号対応しました。
大阪市に財務局照会事務処理センターを追加しました。
一部宛先を修正しました。
郵便番号の誤り(入力ミスと思われます)を修正しました。
お待たせして申し訳ございません。

V8デモ版更新

給報への個人整理番号(事業所毎の)付番ツールを同梱しました。
住基のサンプルCSVを更新しました。
(4バイトUTF8コードが入っているので取り扱い注意。また3バイトユニコードの結合文字も入っているので要注意です。)
自治体コードサンプルCSVを更新しました。
メインモジュール更新しました。
(特定ユーザー向けの課税システムからの呼び出し連携機能の拡充)
by 千田

V8デモ版更新

2008版としては最終更新です。
次からは2009版になりますが、しばらくリリースは無いです。
よろしくお願いします。
by 千田

ページ移動

ユーティリティ

カレンダー

2008年1月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed