エントリー

困った事…

住民税の申告書に印字する給与所得と年金所得の問題。
何れも損通前の値が無いので、損前を印字出来ない。
例えば、事業所得などは損前を印字しているのだが、損後の給与・年金と縦計すると合わなくなる場合が出る。本当にやっかいな制度を作ってくれたものだ。
税務LANの画面も左側は損前なので給与所得の所得金額調整控除②後の値は表示出来ない。このことを理解出来ないお客様から調整控除②後を出力してくれと要望が出る。理由を理解して欲しい。給与と年金は収入と調整控除等①②の有無だけを記載する…で良いんじゃ無いか?どうせシステム内で計算値は持っているのだから。
申告書の記載の仕方も怪しいもんだ。記載されたとおりに課税するだけだけどね。
給与や年金収入から検算した値との照合で、この辺のエラーは多発しそうだ。
上述の話、何のことか判らない方のために詳しく説明しておく。住民税で申告されない所得や非課税となる所得(制度境界の所得超)を持っていると、所得税で計算した給与所得や年金所得と住民税で算定した給与所得、年金所得に差違を生じてしまうと言う事。
実は、メインの住民税シミュレーションもまだ此所の部分は未着手でリリースしている。
ただでさえ年金所得を算出するために損通処理を2回まわしているのに、住民税用にさらに2回まわすとなると、どこで計算エラーが出るか判ったもんじゃ無い。
適用版は今週リリースします。

by 千田

ページ移動

ユーティリティ

カレンダー

2021年03月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed