エントリー

令和2年分給与所得の源泉徴収票の記載の仕方

表題の資料が出回りました。
生年月日の元号が漢字表記になりました。なんだろう…。
住宅借入金の特別特定取得は「特特」。と言う事は、315datのレイアウトにもコードは分類されると確信。
①年調していない、②最後の給与支払いがR2/3/31以前の年調対象者の改正前寡婦控除等の適用者の扱いの問題が浮上してしまった。これらの把握方法が今の摘要欄記載だけだと漏らす可能性があるので、フラグを設けておこうか。パンチされないとデータ化されないのだけれど。電子はデータから絞り込み出来るから問題ないとしても。合算後にEUCで抜き出して、メインの合算値に個別適用では許してもらえないだろうか?やっぱり。税務LANなら上手くやるだろうと言う期待の圧を少しだけ感じます。
ちなみに、旧制度寡婦(寡夫もあるのだが)を性別無くして旧制度寡人1個に纏めても良いだろうか?控除額的には一緒(条件は異なるが、申告者の性別で判断できるし)なので、源泉税額の検算的に。そういえば申告書から性別欄が無くなっているが、そう言う意味でも性差による控除額の違いが是正(是正が適切な表現なのか?)された事は良いことである。そのうち世帯主との続柄の「妻」「夫」も無くなって「配偶者」と記載。ってなんないですかね?「長男」「長女」が無くなって久しいことだし。
とりとめの無い愚痴になってきた。やめよう。

by 千田

追記

ひとり親が適用された場合の調整控除の適用が面倒だ。旧制度も一本化無理か?何とか工夫しよう。合計所得金額が2,500万円を超える場合に調整控除が適用出来なくなる件はOKです。

by 千田

2020/6/4追記

やっぱり、旧制度適用の対象は申告必須となるだろうから、無理して穏便に処理せずに、エラーで弾いて見直しかける処理でいいだろうか?対象把握のフラグだけは設ける予定です。
寡婦夫は給報で110万人超、申告で30万人超が該当か?。未婚を含めるとどのくらい増えるの?
とは別に調整控除対象の紐付け処理が面倒です。給報の場合確申と違ってマイナンバー欄の控除対象には記載されないから。確申と同じで区分に「調整」みたいな記載の方が処理しやすいのだがな。源泉スルーの処理がとてもやっかいになっている。調整控除のみ追加記載みたいな申告書(従前の同配のみ追記、16歳未満のみ追記みたいな)の合算処理がまた一つ面倒になってしまったじゃ。

by 千田

ページ移動

ユーティリティ

カレンダー

2020年08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed