エントリー

自宅で開発を続ける日々

税務LANの黎明期、今から26、27年前の事。DOS版の税務LANは自宅で作っていました。私ともう一人がそれぞれの自宅で。まだ北上に事務所が無かった時代。在宅で開発を続けることにさほど違和感は無い。入社間もない人たちにとっては、在宅で仕事することに違和感を覚えるだろうな。
しかしながら、インフラが更に進むと、逆に在宅ワークが当たり前になる時代が来るような気もします。緊急事態宣言も1ヶ月延長しそうな流れですし、そうなったら本気で仕事環境を整えよう。今は自宅のPCのモニターとキーボードを排他で使っていますが、このキーボードでは、プログラムを書くのが厳しい(カーソル無しのHHKBです)。せめてテンキーとカーソルキーが欲しい。この機会に自宅に東プレを導入しようかな、それとも会社のキャビネットに眠っているミネベアを出してこようか…。東プレ買ったら、それ以上の対価を払うことになるだろうな。とは言うものの、何故か会社に居るより生産性が高いのがどう言う事なのか謎だ。

by 千田

ページ移動

ユーティリティ

カレンダー

2020年05月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed