エントリー

国税連携のKSKイメージ関して

現在、KSKイメージデータの解析を行っております。
今更ながらとお思いでしょうが、イメージの個人情報部分を塗りつぶすツールが完成したおかげです。
大量の画像を処理していて、或る事に気がつきました。
スキャンされたイメージの左上のOCRマークの位置が全くずれていない事です。
つまりスキャン後にOCRマークの位置合わせを行った後のイメージを配信してくれていたのですね。さすが国税庁。敬服します。

実は、OCRマークの周辺が汚れているとマーク認識が出来ずに、正確な位置を把握出来ないと言う事で、OCR処理を断念していたのですが、マーク位置が固定になっていると判れば、決め打ちで処理出来る事になります。

OCRマークの取得に失敗した場合には、決め打ちでFAコードを読みに行く様にOCRエンジンを改修しようと思います。

これとは関係なく、大量のイメージを連続的に処理すると、OCRライブラリーがスレッド生成の制限に引っかかって処理出来なくなる現象も確認しました。
OSがW7UなのでクライアントOSの限界に達したのかとも推察できます。サーバーならば限界値が高いと思われるので、まだまだ動作するのかもしれません。
この辺は、追って評価してみます。

by 千田

ページ移動

ユーティリティ

カレンダー

2021年09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed