エントリー

2022年01月の記事は以下のとおりです。

株式会社リードコナン「山陰開発センター」の開設予定

リードコナン北上支社は昨年末から5名の欠員が出ており(産休育休2名、傷病2名、他1名)、社員の1割以上減となっています。それぞれに負担が1割増しとなっており、疲弊状態が続いています。
そんな中で朗報。
兼ねてから、働きかけていた西日本への拠点進出が実現しそうな運びとなりました。
「山陰開発センター」が3月に開設予定です。場所は松江市です。
これで西日本のサポートに手を差し伸べやすくなると思います。
なぜ松江市かって?…それはね!

人がおるんヨネー、人がそこにおるんヨネー。

by 千田

企業年金連合会からの年金支払報告書の様式IDが?

企業年金連合会から配信されている年金支払報告書の様式IDが間違っている?
と言う話が伝わってきました。eLTAXで様式IDが違うと取り込まれないだろう。
「旧様式の給報・年金データです<R0502AD200>」
とエラー吐きますので必ず確認を。

by 給報エントリー担当

送り直しが決定したみたいです。

by 千田

2022.1.29追記

再送されものを取り込む際は、古い方を削除してから取り込んで下さい。
eLTAXのデータをxmlで取り込んでいるところは、基本的に弾かれているので、再送分を普通に取り込むだけで問題ないでしょう。
xmlをわざわざCSVにして取り込んだ処は、中身が旧様式なのか新様式のID違いだけなのか区別が付きませんので、一度削除して取り込み直すべきです。これをやったところが結構あるようです。ダブり給年報の金額判定閾値を1円に設定すると、同年報は先取り込みを無効にして後取り込みを残して合算する機能がありますので、その分だけの対象を区別して処理すれば、内部で上手くやってくれます。これをせずに取り込むと少額(デフォルト30万)以下は二重に加算されます。手で取り除くしか無くなりますので。オプション変更して対象者だけ再合算すれば良いでしょう。目検は必要です。
いずれ怪我をしないように運用して下さい。

by 千田

2022.2.1追記

結構な件数で二重取り込みをやったところがある様です。情報をいち早くゲットしたところは、怪我せずに済んだようですが。資料ID番号指定でエントリーツールから手戻り処理を掛けて下さい。もしくは上述の様に閾値を1円にして対象者の宛名番号リストで再合算して下さい。資料番号の大きい方を残して最初の資料を無効に出来ます。

by 千田

旧様式の給報が沢山届く不思議?

旧様式の給報がなぜか沢山届いています。何故ですか?法改正してますよ。
システムが古いままですか?それで社員の適正課税出来ると思ってんでしょうかね?経営者は?
読み替えて取り込んで欲しい連絡が届いていますが、それはR3課税の話です。
本年はダメでしょう。条件も異なっていますし、その方に確申させるつもりなんでしょうか?

by 給報エントリー担当

ヌル文字混在の事前データ取り込み時のエラー

ヌル文字混在データを取り込んで、ツールが正常動作しないと言うあなた。SE歴が浅いとお見受けしました。矛先が違いますので、勘弁して下さい。

by 事前データツール担当

と言う事で、特定のシステムが宛名情報にヌル文字を混在させて吐き出しているようです。
一度テキストエディターで取り込んで上書きすると、スペース置換か除去されて問題無いデータになってしまいます。基本常識ですよ。ツールは止まらないように対応するらしいですが。
文字列の終端にヌルを設定するのは、C言語の基本のきですが、税務LANは文字列の途中にヌルが入っていても文字終端と見ない設定も出来ます。フィールド吐き出したときに変な改行入ったり、文字が切れたりして初めて混入に気づきます。厄介ですね。

by 千田

今週は大概のツールが本リリースです。

大概の…と書きましたのは、国税連携や〇住合算機能は未だだからです。いずれ、モジュールを最新にすることをお忘れ無く。OCRはサンプルが届いてから微調整しますので。

雪、凄いですね。全国的に。相変わらず車のサスペンションの耐久テストを行っています。ボディ溶接が剥がれるんじゃ無いかという位の振動です。どこぞのTypeRみたいに溶接スポットを倍にして貰いたいです…雪国仕様は。今年も除雪ダイエットしています。昨年は5kg以上痩せました。お正月に2Kg以上肉付けしたので、3kgは減らしとかないと。

by 千田

2022.1.21追記

相変わらず、給報等のデータをExcelに取り込んで、桁数潰しを行ったところが続出していますね。Excelは使っちゃダメですってば。桁数が多い数字は指数表記になって、そのまま保存すると下の数字が消失しますってば。
と、
プレ版でデータ取り込んでしまったところ!、なんとかしてって言われても何ともならないって。
本番データは、本リリースで実施して下さい。取り込み直し以外救済する術が無いです。イメージ管理にも登録されているなら、それらの削除処理もやって下さい。プレ版はテスト環境のみで実行して下さい。

by 給報エントリー担当

朗報となるか?

国税庁のHPでの申告書作成にて、配偶者無しの扶養者の場合、配偶者欄を温存して2行目に扶養者が印字されました。昨年の様に配偶者欄を詰めて来ないようになっています。パンチする側、OCRする側にとってはありがたい事です。
と言う事で、OCR処理を修正する事にします。

お正月中、毎日雪掻きしてたので全身筋肉痛です。特に子供のためにかまくらを作ったので、スコップで雪をかき集めたのが一番響いてます。今年も除雪機が大活躍です。遠藤は昨年、北海道から中古で取り寄せた除雪機が満足に動かず、散々な目に遭っています。
正月明けに、お隣さんから除雪のお礼にと仙台の笹かまを頂きました。思いがけず美味しかったです。下の子も「おいしー!」と絶叫しながら食べてました。わさび醤油で刺身で食べるのが好きです。

by 千田

明けましておめでとうございます。

さて、挨拶もそこそこにですが、第6波の足音がそちこちで聞こえ始めました。
今年も申告期限の延長措置がとられるのでしょうか?
そうなると、当初課税データ引き渡し後にも課税資料がどんどん届く事になり、連携が面倒になってきますね。住民税課税システムとの随時異動連携機能があるところでは、遅れた資料も普通に取り込めますので、なんら問題ないと思います。
システム標準化の要件にも取り込まれようとした機能ですが、やはり連携出来るに超した事は無い訳ですね。また連携のレベルにも拘りが出てきているようです。現状に満足せず、より良いものを目指して行くのでしょう。飽くなき探求と向上一路です。

by 千田

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

カレンダー

2022年01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed