エントリー

2020年09月の記事は以下のとおりです。

首長が良いと行政も伸びる?

シルバーウィーク明けにとある自治体にデモに出かけた。
駅から程良く遠い庁舎まで歩いて移動し、ロビーで汗を乾かしていたら、見知らぬ男性に声を掛けられました。「ご苦労様です。・・長の・・と申します。」と足早に立ち去っていった。あれ?いま町長って言ってなかった?と同行の遠藤が言うので、ちょっと写真を調べてみたら、間違いありませんでした。きちんと挨拶しておけば良かったと反省。それにしても他所から来た者に、きっちり声かけしてくれるなんて、なんて素晴らしい方なんだと素直に思いました。庁舎も立派だし、人口も増え続けているし、とても気持ちが良いものです。

連休明けは旧レイアウトで提出された給報の取り扱いをどうしようか?とか、旧寡婦夫区分を持たない課税システムとの連携をどうするか?などで話し合いを持っています。
各地からパンチ委託の見積もりの関係で最新レイアウトの開示を求められていますが、大凡は決まっていますが、まだ不確定要素がある為に暫定版としてお届けしている状況です。と言いながら、プレリリース版のDBの構築などを本日行いました。最新版IB2020の不具合(なのか仕様なのか)の関係で、本年は各ODS毎にリリースせねばならぬようでちと面倒である。あと、既にサポート対象外のバージョンをしぶとくお使いのお客様、きちんと延長保証とって下さいね。我々がとやかく言う立場では無いのですが。

それから岩手県内ではユーザー会やりましたが、毎年開催している関西、九州、中部などで開催出来るかどうか調整中です。岩手県内開催でもライブ配信を行っていましたが、同様の措置をとるか、動画で配信するかは検討中と言う事で、よろしくお願いします。

by 千田

追伸、タイヤカスと言うさきいかを買って帰りました。本当にバーストしたタイヤのカスみたいです。

テレワーク復帰

復帰後直ぐに東北管内のデモがありまして、やはり外出していた訳です。
週末は、子供の運動会に行って、親子競技は今年は無いので参加も無く。懸案の大根の種も無事に蒔くことが出来ました。3日経過しても筋肉痛がとれません。
今週末は、県内ユーザー様を招いての意見交流会を開催します。なるべく少数+リモートでの開催として、感染リスクを抑える工夫もしております。
法改正の説明がメインとなるでしょうが、特に申告受付時の調整控除対象の取り方や設定の工夫をしっかりと伝達しないと本番でトラブルになりそうです。
現在、給報モード、○住モードを解除して、申告モードにした場合に、扶養特定済みの人数と差違が出た場合の警告の出し方について、QCとあれこれ相談しながら仕様の修正などを行っております。なにせ調整控除の特定対象がけっこう邪魔になります。
申告書は調整控除対象を記載するので良いですが、給報はデータに入ってきませんから、作業者が手作業で設定しなければなりません。せめて給報のレイアウトに調整控除対象の23歳未満等の記載欄があれば(摘要では無く)、もう少し楽に事務処理が出来るものを。摘要欄に何でもかんでも詰め込むと言うは残念な仕様でならない。と思いません?

by 千田

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

カレンダー

2020年09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed