エントリー

2019年11月14日の記事は以下のとおりです。

給報等の課税資料の日付について

とある自治体のホームページに給報のレイアウトの日付部分で令和1年固定の書式を見つけてしまいました。と言う事は、資料をパンチに出した場合、パンチ業者がそのままエントリーしてしまうと、令和01年01月~04月が連携されてしまう可能性を示唆します。もともと令和の日付変換は、下限に貼り付ける(昭和→平成なども同じ)仕様でしたので、これを見直さなければならなくなりました。国の方針で平成突破(~平成31年12月)は許容する仕様で居ましたが、下限突破される可能性は「無い」と踏んでいましたが、見直しを余儀なくされています。と言うか、する事にしました。改元対応はまだまだ引きずりますねぇ。

「正しい事をしようと決める。する。」ただそれだけ。

by 千田

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

カレンダー

2019年11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed