エントリー

2019年01月の記事は以下のとおりです。

キヤノン電子さんが来社した

新機種のスキャナーを導入したお客様の処で発生している事象の対応策を手土産に。
対策は2通りある。2ヵ所のお客様でそれぞれの対策を試して見ようと考えている。社内評価では今のところ片方の対策が上手く行っていることを確認出来ている。もう一方は、キヤノンからの対策版F/Wのリリース待ちとなっている。それにしても新機種なのに、いきなり躓いてしまったな。残念だ。

社内では、電源不安定検証を行った。100→75Vまで電圧降下させたが無事に稼働した。むしろ素晴らしい耐性だった。電源スライダーは、県内の某オーディオ機器製造メーカーからお借りした。ついでにクラシック音楽を聴かせて栽培した椎茸も購入した。これはお世辞抜きで美味しい。

兎にも角にも、急いで現地テストを行って、事象が改善される事を確認したい。ご協力よろしくお願いします。

by 千田

弊社の設計に直接お電話頂くお客様へ

設計直接ではなくQA窓口にご連絡を下さい。<(_ _)>
弊社は設計が数人しか居りません。電話対応する事で設計・製造業務に支障が出てしまいます。販社SEでは充分且つ的確な回答が得られない事は重々ご理解致します。弊社にもQA窓口がありますので、是非ともそちらをご利用下さい。弊社のQA窓口は充分迅速にご回答差し上げられます。(電話かけると最初に取るのは大概QA対応班です。)
只今、90年金の状況確認と対応策に追われております。何卒ご容赦を。

と、eLTAX給報・年金をXMLで取り込めないとSEからアナウンスされているお客様へ、そんな事ございませんので。情報を正しておきます。むしろXML取込み推奨で。

by 千田

販社巡り

昨年末に続き、飛行機で名古屋入りして、新幹線で帰るという暴挙を行った。幸い、帰りの新幹線は、E5系だったのでお尻は痛くならずに済んだ。せっかく東三河の地まで行ったので、近隣のお客様に顔を出せば良かったのだが、なかなか時間が取れずにいまして、またの機会となりました。残念でした。
来月に迫る国民的チョコレートの日にバラマキでお世話になるであろう、かの有名なブ○ックサンダーが豊橋で作られている事を初めて知りました。バリエーションも沢山あるようでした。
また名物のカレーうどん(中にとろろご飯が隠してある)も美味しく戴きました。前の週にタ○リ倶楽部でカレーうどんをはねらかさないで食べる特集を見ていたので、チャレンジしてみましたが、しっかり3ヵ所はねてました。もちろんエプロンにですけど。

税務LANの話し。
既にサイト掲示板にも書いてありますが、今期はスキャナーまわりで大変ご迷惑をおかけしました。深くお詫びいたします。本来は新機種対応のところだけ最新ソフトを入れ替えて頂ければ良かったのですが、旧機種版と共通刷新した関係で、入れ替え必須と勘違いされたようです。ドライバーの刷新、Win10対応版の最新版ドライバーが次々と出たものですから、余計に混乱させました。早い時点で我々が周知していれば良かったのですが、メーカーからのSDKや評価用ドライバーの提供が遅れたこともあり、後手後手になってしまいました。まだ最新OS環境での残件があるようですが、メーカーの対応を粛々と待つしか有りません。一応、代替機の貸し出し準備はしてあります。
ここに来て、プレリリースDBをそのまま使用してエラーが出ていると言う報告を数件受けています。本リリースしていますので、必ず入れ替えて下さい。早くデータを入れたい気持ちも判らないでは無いですが、11月にプレリリースしたものをそのままはさすがにやめて下さい。よろしくお願いします。

さて、明日は国税庁が来社されるので、失礼が無いように準備したいと思います。

by 千田

働き方改革

社歴の浅い社員と面談を行った。
働き方について檄を飛ばした。
「誰かに感謝されている事が実感出来る様な仕事をして下さい。」と。
これは、誰かに感謝される様な仕事をしろと言う事ではありません。
感謝されていても実感出来なければ意味が無いのです。
感謝される⇒幸福度が上がる⇒仕事にやり甲斐が出る。
ありがとうの言葉は、ダイレクトなモチベーションブースターだ。
自分にとってのモチベーションブースター(人それぞれ)を見付けて得る事が大事なのだ。
などなど。

by 千田

遅ればせながら…

新年明けましておめでとうございます。
などと、フォームに書き込むのは何度目なのか?
都度、書きかけで割り込みが入ってタブ毎クローズして何度目か。

只今、「平成31年以降のデータ標準レイアウト等における同一生計配偶者の取扱いについて」(事務連絡 平成30年12月27日)のドキュメントを読んでおります。
住民税申告書に同一生計配偶者欄を設け、給報には設けなかった理由などが説明されています。
「でしょうね!」
と言った感想です。
年金の源泉控配に関する気持ち悪い仕様も、おそらくは調査結果のうえ、外れる該当者が皆無、あるいは極めて稀だからこその所以と解釈しております。
「でもね!」 (♪捨てられて)
稀な対象ほど見付けるのに苦労するものなのですよ。

by 千田

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

カレンダー

2019年01月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed