エントリー

2018年01月の記事は以下のとおりです。

公的年金等(90通知)のデータ内容の不備

平成30年1月23日(火)に配信した日本年金機構における公的年金等支払報告書(90通知)のデータ内容に不備があったようですね。
詳細は、追って。
既に取りこんだ処は、リカバリの準備を。内容次第では取込直しか?

経過報告
控対配、扶養者の漢字氏名、カナ氏名の表記に誤りあり。再送するとのこと。
2018/1/24 16:00追記
再送されたら差分件数(誤り件数)など報告戴くと大変嬉しいです。

by 千田

2018/1/25 11:40追記
大事な事は2度書く
再送される年金は取り込み直した方が良い。今ならば。

by 千田

2018/1/26 9:41追記
90CSVデータだけ取込時付番ID範囲で一括削除出来ます。
3箇所以上から問い合わせあり。SE達知らなかったのかよヾ(-ε-; )ォィォィ。
ところで、再送が1末目処にとなっていたが、最短で2/7と言う未確認情報が出ているらしい。本当だとすると申告業務に支障出ますね。扶養情報だけ消して取りこんでしまうという暴挙は有りですかね?再送データに再提出フラグ付けて取込直し再合算すれば置き換わりますし、扶養の紐付けさえ行わなければ…使えるのでは…。

2018/1/26 16:15追記
2/7の21時から再配信となった模様。→少し早くなった。2/5 21:30~。(2018/1/30追記)
申告に間に合うところもあれば、間に合わないところもある。
2018/1/26 17:26追記
687と999分のみ再配信ですと。事業所番号指定削除の方が良いかな?既に全件削除したところもありますが。
何れ前回配信分は削除されるそうなので温存しておかないとダメっぽいです。退避作業を徹底して下さい。

by 千田

2018/1/27 17:25追記
687と999分のみ削除しようとすると、番号整形カスタムユーザーは前ゼロ付いて削除出来ないですね。今回はここのカスタム解除します。年金機構のデータを個別指定削除する事など無かったですからね。ユーザー指定ばかりじゃ無く、課税システム括りしてあったので、正直気づきづらかったです。

by 千田

2018/1/27 17:52雑記
さて、年金機構の話題にも飽きたころなので、ここらで一服。
今週は、旧小郡町近辺を通過しましたので(新山口駅と書け!)、炙り焼きふぐを買って帰りまして、父親に献上しました。別働隊も居たのですが獺祭せんべいを持ち帰って来ました。酒粕でも練り込んでいるのかと思ったら、山田錦を原材料に使っているだけでした。オイオイ。せんべいとしては美味しかった事を記しておきます。獺祭は確かに美味しいですが、あたしゃ秋田の高清水が好きです。

by 千田

2018/2/2 17:54追記
全部送信出来ないと言う掲示がありました。

by 千田

環境まわりの幾つかの周知事項

ダウンロードサイトに更新した以下の内容は必ず確認し、適用漏れの無いように願います。
・InterBaseのUpdate、Hotfix適用時の注意事項
InterBaseを更新した時は、フォルダ内に配置したgds32.dll(32bit版)やibclient64.dll(64bit版)も更新して下さい。RemoteAppの場合でもローカルに配置していると、そのバージョンが読み込まれるので不安定動作となります。これに起因したトラブルを報告されても我々には原因究明出来ませんので、よろしくお願いします。

・RDPファイルの文字コードについて
RDPファイルを編集した時は、UTF16LE BOM付きで保存していないと接続エラーや不安定な動作となります。RemoteAppのエラーが出るようです。結構再現性があります。
2018/1/19追記
RDP8.1に設定した場合、Win7でRDP8.0を設定したことが有る場合には、グループポリシーで、8.0プロトコルを使用する設定が有効になっていると思われます。これは未構成にした方が良いと言う記事が散見されます。設定漏れの無いように。

・メイン起動時に「サイド バイ サイド構成が正しくない」メッセージが表示される
Windows Server 2008 R2のInetrBaseXE3の環境で見られますが、HotFixの影響なのかまだ不明ですが、Visual C++ 2008のランタイムを要求されます。再配布モジュールの適用で改善します。
InterBaseXE7でも出たようです。こちらもVC++ 2008を適用のこと。再配布ライブラリーの更新も有るようなので適用には細心の注意をはらう事。

・ZIPファイル解凍時の注意事項
WindowsのZIPファイル解凍を使う時にブロック解除(ストリームID)しないで解凍すると解凍したファイルのタイムスタンプが全部書き換えられます。とても恐いので最重要注意事項として。

・InterBaseXE7へのUpdate7適用について
OSのメジャーバージョンアップ(Windows10やServer2016等は特に)で内部OSバージョンが変わると、違うサーバーOSと認識してライセンスの再登録を求められる。これはエンバカに改善要望中。

by 千田

ふるさと納税上限額シミュレーションについての巻

2018版から正式に掲題のシミュレーターを用意するのですが、2017版も作ってある。
さて、今から使いたいのは、どっちだ?と言う話になり、考察したのだが、2017版のシミュレータは、2016年分所得税の値から、2017年中のふるさと納税を計算するのだが、既に年も明けてしまい、欲しいのは、2018年中にどれだけ寄附できるか?になってしまったのではなかろうか?
さて、H30年の住民税の改正事項を振り返ろう。配偶者控除の改正、いくつかの所得の税率の変更がある。2018版の計算は、これらを反映させるのだが、2017版から呼び出すものにも欲しいのでは無いか?年が明けちゃったので…となった訳です。
年が明ける前と明けた後でシミュレータの計算式をすり替えるギミックが欲しいのか?
などと思ったりする。なにせ2018版には、まだ所得が入っていないだろうから。
(そう言う意味では、現リリースの2018版には、H31年住民税シミュレーターは未実装です。)
3月末までには何らかの答えが出るだろう。
誤解があるといけないので記しておくが、リリースはもっと前に行います。
2018/1/23追記
今週、シミュレータ搭載した版をリリースします。

by 千田

月刊J-Lis 2018.1月号 P22

越前市の「モノづくりのまち」越前市でのビジネスマッチングの推進
~ビジネスマッチングサイト「えちぜんモノづくりNET」の運用事例~
の記事を読んだ。アジられる思い。

by 千田

追伸
 若者にはアジると言う言葉の意味が解らないそうだ。年取ったな。

平成30年度税制改正の大綱

年末は出っぱなしだったので、なかなか資料を見ることが出来ないでいたのですが、やっとこさ、資料を読み始めたところ。数ページ読んだところで、うはははっ(´;ω;`)、となってしまった。改修が大変だ、こりゃ。
eLTAXの提出義務の対象が引き下げられたのは、紙書類が減ることになるので歓迎なのかな?生命保険料控除、地震保険料控除及び住宅ローン減税に係る年末調整関係書類について、電磁的方法による提出が可能になると言う事は、何かしらの取込口を用意しなければならないのかな?
森林環境税(国税)は均等割に加算するという解釈で良いのですかね?森林環境税は住民税でも課税しているところがありますが、上乗せですよね?(と解釈しました。)森林環境譲与税に突いてはノーコメント。
読み零しが無いように見るとしましょう。

追伸
ビットコインの売却や使用する事により生じる利益は雑所得ですぜ。(事業所得起因行為に付随する場合を除き)
マイニングなどで経費赤字が出ても損益通算は出来ない。今の高騰率だと赤にはならんか。

by 千田

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

カレンダー

2018年01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed