エントリー

2013年10月の記事は以下のとおりです。

申告書のレイアウトが新しくなる件

そろそろ新しい申告書の書式が出回り始める頃ですね。
今回は復興所得税の欄がどこに入るのかが焦点となります。
災害減免後、外国税額控除前にて復興所得税を算出しますから、
従来、一つにまとまっていた災害減免と外国税額控除は分離されるはず。
となると、長らく影を潜めていた再差引税額の欄が復活しそうな雰囲気がします。
まさか、再々差引税額の様な欄が新設されたりしないでしょうね・・・?
OCR処理の事も有るので、縦に項目を追加されると、全面改定になるので、仕事が増えて嬉しいっすよ、国税さん。しかも縦幅が変わった日には、最悪の改修作業が待ってます。

ところで、退職の役員報酬分の計算は、どの様に判定させたら良いですかね?区分コードが有っても、個々の区別がつかないと難しいような気がします。

それと所得控除の欄が減らされたりしてないですよね?パンチの際に区分コードを見て、パンチ項目を打ち分けるなんてのはイヤですよ。パンチ項目を節約しているところは、被害甚大。まして申告者が配偶者合計所得を未記入なんてのは論外。

さて、○住パンチレイアウトの番号もずれるようなので、週末のプレリリースに向けて直せる分は直しておきましょうか。

by 千田

サーバーダウンのお知らせ

本日、10/25 19:36~20:50にインターネットサーバーがダウンして、アクセス不能になりました。
メールなども受け取れませんでしたので、この時間にメールを送られた方は、再度送信願います。
現在は、サーバーも復旧しておりますが、原因を管理会社が調査中ですので、詳しい事が判るまでは、電話連絡等の併用をお願いいたします。

by 千田

めんそーれの続き

合算状態を一目で確認出来る画面を作って見た。
データの直修正は危険なので、その機能は途中で破棄した(一応作って見たが、即行削除した)。
但し、何をどう修正したいのかを記憶して示唆出来る機能を実装しようと思う。A.I.的だな。

by 千田

扶養是正情報の1/1住所の道府県名出力に関して

明日、道府県名付加出力版をリリースします。
先週から、同じ問い合わせが殺到しております。
自治体コードテーブルを使用して補完しますので、このデータのセットアップが必須となります。

申告書への住所出力は市町村名からなので、同じものを出力していましたが、道府県名がないと税務署で名寄せできないとの事。

1/1住所は、そもそも編集対象では無かった為、是正票データ作成時に付加編集が出来ません。内部的に自動付加しますので、上記のセットアップをお忘れ無く。
最新は、8.26にリリースされています。(と言っても4月以降の合併及び庁舎変更が反映されているか否かの違いだけです。今回の目的の為には、当初のままで構いません。)

by 千田

めんそーれに迎えられて

それが当たり前だと思っている事の過ち。
普段、自分たちが当たり前だと思っている事が、処変われば全く違うという事があります。
某局の県民SHOWなどを見ていても、へぇ~と言うような事が多々あります。
同じ事を長い間続けている内に見えない防壁を造り、その中で物事を考えるようになります。たまにその殻を破って外に出ないと得られない物も多くあります。
最近は出張も少なく、直接お客様と会話する事も少なくなっています。こんな事ではいけない。何故それが必要なのか、代替え案は無いのかを議論する場をもっと増やさなければならないと痛切に感じます。
APの知識があっても、業務の知識無くしては、信頼も得られないし、お客様も満足しません。
しまぬくくるに応える為に何をすべきなのか、久しぶりにアプリ屋魂に火が付いた一日でした。
非常に勉強になりました。感謝御礼。

by千田

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

カレンダー

2013年10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed