エントリー

2013年09月の記事は以下のとおりです。

扶養親族等の所属の変更について

法第85条《扶養親族等の判定の時期等》関係
85-2 の下りに、
(注) したがって、確定申告書の提出によりその所属を変更しようとする場合には、自己の控除対象配偶者又は扶養親族を減少させようとする者のうちに確定申告書の提出を要しない者がいるときであっても、その者を含めた全員が確定申告書を提出しなければならない。
とあります。

勉強になりますね。(追記)つまり年調済み給報の方でも控配・扶養が減じた場合には確定申告をしなければならない。単なる否認で済まされる話しでは無いと言う事。
重複照会を掛けた後の処置は、そうなるそうですのでしっかりと手続きをさせて下さいね。

でもって、会社などに照会を掛ける場合に、その内容を通知せずに済まされるレベルの話しでは無いのだから、必ず本人同士に照会を掛ける必要がありますね。
今の重複照会は、後出しの方(つまり個人番号が紐づけられなかった方)に照会を掛ける仕様になっていますが、両方に照会できるように、内部で仮の個人番号紐付けを持っていないとダメなようです。
仕様決定の役に立ちました。

by 千田

純損失の繰越控除期間が3年から5年に延長されるのか?

純損失の繰越控除期間を3年から5年に延長する要望書が出されているみたいですね。最初は小規模事業主限定かと思っていたのですが、色々なところから、適用範囲拡大が叫ばれている様です。

震災特定雑損失の繰越控除の様な不規則なルールさえなければ、簡単に処理出来るのですがね。震災特例対応で、演算ルーチンは出来上がっているので、そんな大変な改修では無いのが救いです。

by 千田

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

カレンダー

2013年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed