エントリー

2012年03月の記事は以下のとおりです。

年金の申告取り消しの多い事について、その2

KSKデータの中に、作成日付だけが異なるデータで、削除・取消のデータが流れています。
受付番号とかも同番号の為、既に取込済みで処理されていました。
これらは、本人の取り消し申告ではなく、税務署による取り消し操作によって区分だけが削除・取消(修正/訂正/更正、税務署照会、削除/撤回/取消)となったデータと思われます。
よってデータの中身はすっかり一致しているのではないかと。(あくまでも予想です)
これらのデータを分別するバージョンは最新版としてリリース済みです。最終的にはこの版で未取込分を洗って下さい。

前回も書きましたが、おそらくは年金申告で申告不要該当の者でしょう。
この方、市町村申告はやらないとダメなんですがね。きちんと申告するでしょうね?大丈夫かな?
今回、確申不要でも市町村申告必要の方達を一斉に呼び出ししなければならなくなっていますよね。対象チェッカーは実装済みだと思われますが。まったく余計な事務作業が増えてしまっております。

別件ですが、○住編集のイメージ追尾は16歳未満の年少扶養欄にも移動します。

by 千田

あぁ・・・、うちの青茄子様!

今週の初めに、サーバー(正確には、Windows Server OSを搭載したNAS)上の多量のファイルがあるサブフォルダツリーを如何に早く取得する事が出来るかを検証しておりました。
100Mbpsのネットワーク環境で、15万ファイルが入っているサブフォルダーツリーの探索に、私のPCからは、7秒前後で完了しました。
ちなみに、NASはアイオー製のHDLシリーズです。そんなに新しくないです。外観から通称「青なす」と呼ばれています。
ところが、他者PCからは、25秒~50秒も掛かっていました。
ネットワークの接続HUBが同じPCであっても・・・です。
(ちなみに参考までにローカルで同じ処理をすると0.3秒以下です。)

何故、このようにパフォーマンスに差が出たのか、数人のPCとネット接続環境で実施した結果判った事があります。
アクティブディレクトリサーバー(NASはこの下にぶら下がっています)のアクセス権限の違いである事が判りました。なんだよ!そんな事当たり前だの・・・と仰る方はスキップ。
速かった者達は、konanかServerOpでした。大凡その差は4倍に達しました。
このことを鑑みるに、「ファイルアクセスが多量に発生する処理の場合には、権限の高い者で処理をする方が効率的である」と言う結論に。
相手がNASの場合は、ローカルログオンもままならないでしょうから、この差は顕著に出てしまいますね。イメージファイルをNASに管理している場合には、この事に充分に注意を払って作業されるがよろし。特にネットワーク経由では。(大概そうでしょうけれど。)
以上、顛末記

by 千田

申告受付ご苦労様です。

申告相談業務も終わりました。
この後は、国税連携の取込編集と当初課税に向けた作業が始まります。まだまだ終わらないです。

「国税連携システムにおけるファイル名エラーデータの取扱いについて」は、「X」混入によるイレギュラーデータとしての取り扱いを、他のコードと同様に取り込む事が出来る様に修正しています。そのうちリリースいたします。
しかしながら、近隣のお客様にてこの「X」データの確認を行ったところ、ダウンロードも出来ない状況でしたので、本年は取り込んでどうこうする段階まで至らないと思われます。

「【別紙】ファイル名エラーデータの具体例とオプション機能での検索方法」に従って、該当データを税務署閲覧という事になりそうです。

by 千田

いたずらの時間

先週の土曜日は出勤でした(3名だけだったが)ので、少し悪戯をしてみた。
iPad2にRemoteDesktopアプリを入れて、Hyper-V上の税務LANを動かしてみた・・・。
が、画面が小さい・・・。マ、マウスが欲しい・・・。
日本語が打てない(もっともBT接続のキーボードはEngだったが。)
動作と画面は問題なし。New iPadなら画面の問題もクリアする。
あとはキーボードだけだ。

by 千田

申し遅れました。
Windows8(x64,x32)での動作確認も行いました。特には問題は有りません(デスクトップ動作のみ)。
一部、タスクバーの挙動が新しい考え方なので、注意が必要です。Metroで動かす場合には、それなりの変更が必要になる事でしょう。
ちなみに、Metroアプリは、Windows Storeからの配布のみになるそうです。多くのカスタムアプリでは、対応は難しいでしょうね。

基本的に、Windows8では、RemoteAPPとTSWebを利用した環境に収束していく(税務LANは)と思われます。

by 千田

年金の申告取り消しの多い事について

e-Tax、KSK申告の両ケースにて、一度年金申告を行ったのですが、今回の申告不要制度に気付いて、申告取り消し(削除)が行われているケースが目立ちます。
確かに、申告納税額が出ている方は、申告不要制度を利用する事で、少し得をしますから。
この場合、申告内容と、年金(+給報+その他)の状態に差違が無いのであれば、そのまま申告された内容のまま住民税課税しても問題はありません。
申告を解除する事で、年金(+給報+その他)の状態と差がある場合には、申告前の状態(国税連携前の状態)に戻す必要があります。
がしかし、住民税申告はされるべきなのでしょうから、住民税申告との内容に差が出ないようなら、やっぱりそのままで良い事になります。よね!

と言う事で、従来は年金の確定申告が出されていた方々が、確定申告はしなくて良いけれど、住民税申告はしなければならなくなって、結局、市町村の申告受付の業務が増大したという顛末。どんとはれ!

by 千田

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

カレンダー

2012年03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed