エントリー

カテゴリー「税務LAN 共通」の検索結果は以下のとおりです。

ご無沙汰しております。

7月の終わりからお盆前まで3週にわたってA社のソリューションフェアに出展しておりまして、色々とお客様からの悩み事を聞き出しまして、大変勉強になりました。

・特徴推進に係る事務処理の悩み
 特徴推進の関係で、届いた電子給報を強制特徴で取り込みます。擬似イメージは特徴マークが付きます。この方の給報を他市回送しました。特徴のまま出ているので、他市町村において特徴課税しました。クレームになりました。さてどうしたもんかのぉー。 要は、取込時に特徴で届いていても擬似イメージなどのステータスは変更せずに普徴のままにしておく必要が有ると言う事。取り込む時点で電子データを書き換えられているとダメですが。イメージだけでも元の状態を温存しておく方法は無いのでしょうか?はたまた、事業所宛名管理にある特徴不可(拒否)のフラグを見て、特徴→普徴として処理して回送すれば良いのでしょうか?宛名管理に強制特徴賦課事業所的なフラグを持たせれば良いでしょうか?悩みどころです。

さて、本日は、第2回目の税務LANリブートキャンプの最終日。来週は九州で、再来週は北上支社で第3回、第4回が開かれます。
今回の研修でe-Tax電子送信についてもご理解頂けたでしょう?合点!合点!。

台風一過、うちのゴールデン桃太郎がなぎ倒されました。防鳥ネットの外に。まだ未収穫のトマトが付いたままだったのに。倒れた途端にカラスが群がってほじくり回してしまいました。とても残念です。しかし、悪い事ばかりではありません。今年もスイカが美味しく実りました。子供が夢中で食べてます。中旬からの寒暖の差が大きかったのが幸いした様です。さて週末にはキャベツの苗を植えようか…。

by 千田

リブートキャンプ無事終了

全国からお越し戴き誠にありがとうございます。
短い時間に詰め込んだので、稀薄にならないか心配しましたが、何れも経験値の高いSE達でしたので、予定通り進めることが出来ました。
8月には倍の人数を予定していますので、これまた大変です。

by 千田

税務LANスポット講習会に関してお知らせ。

職員の方が大きく異動になられて、改めて操作研修を行いたい場合は、当社遠藤までご連絡下さい。又は、販社の窓口を経由して貰っても構いません。
6月~10月であれば、スポット講習会を承ります。
P.S. 日当、交通費は最低限掛かります。(2016.5.17追記)

by 遠藤

税務LANへの課税資料入力について

さて、税務LANをお使いのお客様方は、一日で入力出来る課税資料の数を何件と想定しているでしょう?
例えば、給報。県内のとあるお客様に派遣されているパンチャーさんのMAXは600件を超えていました。
我々の想定は、200~300件です。年金はこれよりも少し多くなります。(5割増し行けるか?)
ちなみに、パンチ専用機を使用して入力するなら1000件は行きます。
○住は?例えば確申のスタンダードなものであれば、200件は堅い。社内では300件は楽勝と豪語する者も居ます。
ちなみに私も300件は行けます。造っている本人なので。(もちろん申告画面にですよ。)
一般的には100件を超える位でしょう。市申なら、その3割増しで行けそうです。
600件の市申は、4人で2日あれば入りきります。ためらってあれこれ画策するより、まず行動です。
大事なことは、やるべき仕事をしっかり理解することです。

by 千田

e-Tax申告の擬似イメージについて

本年運用で多かったのが、擬似イメージ生成帳票の設定を行わずに取込み、後生成したいと言う問い合わせでした。イメージ管理を行っていない自治体でも、せっかく出来上がるイメージが見られるのだから、やっぱり欲しい!と言う事で後出しされたところも有るかも知れませんが、事前設定を忘れて取り込んでしまった!では運用側の責任となってしまいます。
来年は、生成可能帳票は全て生成するに初期値ONで出荷いたしましょうか?
極端にサーバーのハードディスクリソースが枯渇していない限りは、その方が良いでしょう?
給報エントリーでも擬似イメージ生成は過去には初期値OFFでしたが、今時イメージは必要無いと言う運用も見あたらないので、初期値生成ONで出荷しております。自動リンクもON。
そう言う設定で問題無いですよね。
V9版になったら、今までのイメージをV9に移行する処理が入りますので、スケジュールを組んでおいて下さい。V9版は年度でID重複が許可されます。仕様は部分的にしか公開していませんが、ID=ファイル名である必要もなくなります。IDに対して、イメージだけじゃ無く、文書ファイルも紐付けられます。これ凄い事です。

by 千田

InterBaseのライセンスに関して

InterBaseはCALに関して、セッションと言う考え方を採用しています。
1CALあたり4セッションの接続がライセンスされています。これは、弊社の基準では、4クライアント接続して良いという捉え方ではありません。
(メーカーは良いと言うかもしれませんけど。)
理由は、税務LANが1起動あたり1セッションしか使わないと言う仕様的な宣言はしていないからです。2セッション使っているかもしれませんし、3セッション使うかもしれません。
基本的に、他年度DB(もしくは他DB)に接続する際には、+1セッション消費します。
過年度モジュールを起動したら、その分のセッションは消費されます。
V9版は確実に2セッション以上消費しています。
最近多いのが、RemoteAppのセッションが残ってInterBaseのセッションを食い潰す現象です。クライアントのDBセッションの解放処理が完了しないうちにRemoteクライアントが落ちてしまうのでしょう。定期的に解放処理を行わなければなりません。
RemoteApp側の設定で回避できないものでしょうか。

さて、Windowsの2016.2更新も遅々として進まない様で、何も出来ない状態です。

by 千田

VDI仮想サーバーでパフォーマンスが出ない?

仮想サーバーでバッチ処理やチェッカーのパフォーマンスが出ないところに朗報となるか?

ポイントは、ホストOSの電力設定。
大概ゲスト側の電力設定は見ていると思うのです。ホスト側は盲点です。
あとはBIOSでの省電力管理です(有ればですが)。ハードが勝手に処理する省電力管理はOSが検知出来ない場合があるようです。
今のOSは、CPUへの負荷に敏感かも知れませんが、I/Oへの負荷に関してはあまり敏感では無いようです。
上記設定で、チェッカーの速度がになったと言う所もありました。VDI環境でバッチ処理が遅いと感じている所はこの辺の設定を見直してみて下さい。ホストOSは必ず高パフォーマンスにて。ちなみに最低CPUの率をデフォルトの5%から25%→50%→75%などと上げるだけでジグザグの山が小さくなり、全体のパフォーマンスが向上します。つまりバランス設定のままでも改善は見られると言うことです。負荷の掛かるサーバーは、そんなに頻繁に省電力に落ちられても困ると言う事です。

h**p://d.hatena.ne.jp/ogawad/20120521/1337554729
h**p://www.school.ctc-g.co.jp/columns/microsoft/microsoft13.html
h**p://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1308/22/news087_3.html
上記リンク先の話しにも出ていますが、頻繁なスイッチは、それだけで平均を落とします。 又、従来は余裕だったネットワークスイッチが10倍もビジーになる事など、OS設計者も予期しないハードウェアの劇的な進歩も要因の一つなのかも知れません。
ちなみにネットワークが遅いと、CPU占有率が低いのにパフォーマンスが出ない現象が起こります。同じくHDDが遅い場合も同様になります。
SATAなどのI/Fの場合には、I/Oウェイトを入れるので、CPUが待ちに入ります。
昔からサーバーにはSCSIを使用していたのは、HDDの待ちの間、CPUが他の作業を行うことが出来たからです(厳密にはDMAなども利用してCPUを開放する機能も有るのですが)。バスレートが高くなって、ハードも高速化し「待ち」が無くなったので、その部分を疎かにしたハード構成が出回っています。ある組合わせでは成功しているかも知れませんが、業務の形態(I/Oの頻度)によっては、これが破綻するケースが出てきます。チューニング、バランスはとても大切ですね。
かく言う私は、昔々、SCSIやATAのHDDのI/F設計を行っていました。デバドラも組んでいたので、OSがどの様にアクセスするのかも知っています。昔の話しなので、今のハードとOSの仕組みには暗いです。でも基本は変わらないと思うので、少しはこの知識も役に立つ時もあると言う事で。知っている人居るかな?NINTENDO64のDDシステムの設計には千田と蟻坂も関係していたことを。

by 千田

関西地区、九州地区意見交流会

今年も各地でユーザーを集めての意見交流会を行っている。
10/15は関西地区で、10/28は九州地区で開催した。何れも20団体前後のお客様に集まって頂いた。
司会とは別に脇で声を出していたのが私、千田です。税務LANのメインと合算の設計・製造を行っています。未だに現役。営業の遠藤Bより7歳も上なんですよ。

九州から戻ったら、気温が10℃も低くて(当たり前なのだが)震え上がった。
今回は、周南地区にも立ち寄っていたので、周辺のお客様と話しが出来るのを楽しみにしていたのだが、一団体も出てきてはくれませんでした。また足を運ぶと思いますので、次回はこちらから寄らせて貰います。(時間を間違えたK市職員様、こちらのスケジュール案内が周知出来て居らず申し訳ございませんでした。実はその時、控え室に居たので、お会いしたかったです。)今回は獺祭だけ戴いて帰りました。

話しの内容は、2016版の変更点と、ふるさと納税ワンストップ特例制度の運用について、マイナンバー少々。といった所です。特にワンストップ特例制度への関心が高かったと感じました。公開資料にも書き込みましたが、確申をする方の中には、ワンストップ特例制度で所得税分を含めて控除されるのだから、申告には記載しなくて良いのでは無いのか?と考える方が居るのではと言うところ。申告書の寄附金控除0円申告したら、ワンストップも停止するし、控除は出ないし…を懸念しております。杞憂でしょうか。希有ですか。

他の地区でも説明会を開催して欲しいというご要望がありましたら、スケジュールと支社財務省の許す限り出向きたいと思います。

by 千田

基礎年金番号の変更に伴って

日本年金機構から基礎年金番号の変更がある旨の連絡があった。
既に年金手帳が変わります!の案内がそこかしこに掲示されているので、そうなることは周知されていた事だ。
となると、年金の名寄せに基礎年金番号を使用してのマッチングを行っている所では、これらの番号の入れ替えが必要となります。
おそらくは、来年は旧番号でのマッチングが効かない状態での実績貯め込みの年と割り切るしかないだろう。その翌年には実績マッチングが可能になる。
さて、年金関連事務へのマイナンバー利用の法案は先送りになったようだが、いずれマイナンバーマッチングが正となれば、基礎年金番号でのマッチング処理は不要になると思われるがいかがか?

by 千田


2015.9.14 追記

と言う事で、移行期間は、新旧番号の読み替え処理が入るものと思っていましたが、その用意は有るのでしょうか?各自治体からその件に関する問い合わせが出ているようですね。
システム的に一個人が一基礎年金番号しか持てないものも有るようですし、まだまだ波乱を呼びそうです。

ちなみに、マイナンバーについては、「厚生労働省」の所管となります。
ヽ( ´ー)ノ フッ

by 千田

確定申告システムにもDV情報を入れましょう

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150904-00000000-kyt-soci
(↑たぶん時限で消えるかも、以下バックアップ)
www.sankei.com/west/news/150904/wst1509040051-n1.html
www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20150904-OYO1T50008.html

と言う事なのだから、確定申告システムにもDV情報は設定した方が良い。
税務LANは、2007年頃から対応しています。
「対策」と言うのは、事が起きる前に行うものです。

by 千田

ページ移動

ユーティリティ

カレンダー

2020年07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed