エントリー

ふるさと納税の特例通知がeLTAXで…

ふるさと納税の特例通知がeLTAXで配信されるとの噂。
以前から仄めかされていたことですが、やっと実現ですね。
こちらの対応は、XML形式ファイルの取込と擬似イメージ連携、
名寄せ機能(今の簡易版では無い)が欲しくなりますね。回送も欲しいか?
QやKのエントリーツール並の機能実装が欲しくなりそ。大きな改修だ。
さて、配信する側の対応は大丈夫なのだろうか?データを一元管理する標準ソフトが欲しいですよね?
「平成30年中のふるさと納税に係る申告特例通知書の電子的送付にあたっては、同機能が整備されていないため、送付事務に従事する職員について、地方税法(昭和25年法律第226号)第22条の規定の趣旨を踏まえた対応に遺漏のないよう併せてお願い」
との事。

by 千田

自治体収受分の電子送信連携機能の価格

税務LANは標準実装なので、追加費用は掛かりません。パッケージ自体には。我々は特別な費用を貰っていません。国税連携開始時も然り。税務LANは課税事務に必要な機能は標準実装するスタンスだ。25年以上続けている姿勢だ。改元対応だってそうだ追加費用は貰わない。根本的な制度が変わる場合(マイナンバーなど)は別途調整した。お客様事情で仕様を変える時はカスタム対応する(これはしょうが無い)。

本日、とある税務署さんから、e-Taxソフトが持っている利用開始届け機能で取得した利用者識別番号を連携できないか?と相談された。もちろん登録情報を税務LANから吐き出して読み込ませ、取得した利番をXTXに埋め込んで送信すると言うものだ。
仕組み的には可能だと回答した。詳細はこの後煮詰める。
利番取得事務が軽減するなら、「はい、よろこんで!」 実装しよう。

by 千田

新しい年金のレイアウトに…

配偶者合計所得欄が追加された。えぇ、大丈夫ですよ。
配偶者特別控除だって計算出来ますよ。
2018/4/10追記
38万以下の★はパンチ項目として欲しいですかね?金額から自動判定出来ますけど。
年金に増えた項目で控配・扶養のマイナンバー欄が少し左右に圧迫されました。
こう言う微妙な変更は下地画像を作るの、結構面倒なんです。暫定版作り終えましたけどね。

by 千田

追伸
 島根県で被災された方にお見舞い申し上げます。
追伸
 災害大国。がんばれ日本。

給報パンチツール

https://www.leadkonan.co.jp/zeimu_blog/view/554
にも記載しているが、パンチ業者専用の給報エントリーツールを本年リリースしている。
実稼働実績(人口12万弱)も出ている。旧来のOCRを利用してパンチ修正するよりも1.5倍のエントリースピードが出た。コスト比で言ったらどの位改善出来たのだろう。と言いながら、かく言う我々のパンチツールにもOCRにて給報を読み取る機能をオプションで用意している。コストは掛かるだろうが、それなりの成果が期待出来る。今、OCRの取込連携部分を製造している。もうすぐテストに入る。

既存のパンチエントリーツールと、業者専用との差は、住基を利用しているかどうかの違いである。片や住基アシスト機能があるので、生年月日、カナの途中入力で候補を絞り込む事が出来る。一方はひたすら入力する事に特化しているし、デュプリケート入力によるベリファイ機能が追加されている。(余計な検算機能も無い。税務LANなので検算機能の実装は寧ろ容易だ。)

税務LAN用のレイアウト出力機能もあるので、連携は楽だ。基本的にイメージ採取を行う仕組みなので、イメージ管理連携も自動で行われる。この辺のハンドリングは一連で行って、人の介在が無いに越した事は無い。

スキャナーを持っている処であれば、導入のハードルは(価格も)高くない。人材確保の方が難しいかもしれない。

さあ、どうする?

by 千田

自分の(親の)確定申告

H29年分は、母の入院があったので医療費控除の申告をする事になった。先週末に申告書作りに行くので領収書を纏めておいてくれとお願いしていたのだが、予想通り大変な事になった。医療機関別に纏めてデータ入力するだけで2時間掛かった。さらには、生命保険料控除の証明書を無くす始末。ま、税金にして3200円だよ!と言ったら、取らなくても良いと言うし。
医療費控除の計算書を書き終えてから、自分の分も有る…と後出し領収書するし。それでも税額にして3000円相当有ったので、生保分は取り戻した。(いや取り戻したことにならない!)
本年は隣の弁当屋に駐車場貸したので不動産収入が多めに出た分税額が増えた。
こう言う申告を相手にしている自治体職員の方(税務署の方も)、「ご苦労様です。」と言いたい。
ちなみに生保控除証明は再発行すれば良いのは判るのだが、契約書がどれだか判らないし、判る本人は入院中で且つ猛威中のインフルエンザで面会出来ないし。あとで判ったら更正の請求出してね…とは言っておいた。手続きに行く為の時間と交通費の方が高いのではないかとも思う訳で。
それにしても、税務LANで計算すると申告書作るの楽だわぁ。と自分に感謝。

by 千田

申告が始まった

大概の自治体での申告が本日からのスタートとなっています。
さっそく印字がおかしいと連絡が来ました。それ昨年の定義ファイル使ってますよ!
SEの皆様へ、正しい本年版をセットアップして下さい。昨年の環境をコピーしてモジュールだけ入れ替えれば良いなんて思わないで下さい。各種設定ファイルを正しく見直して下さい。
かなりの機能拡張もされています。その為に3ヶ月も前にプレリリースしているのです。
これをリリースする事で、翌年の稼働環境を前倒しで構築し、設定漏れに早く気がつくことが出来ます。逆にプレリリース版で本番稼働を行ったところも散見しまして、どこが何をやったのか、こちらで統計を取っております。(うそ、統計は取ってませんが、全て記録はされています。)

それはさておき、自分の親の申告に行ってくるか…。

2018/2/16 15:45追記

http*://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/nozei-shomei/annai/24100030/pdf/24100030_5.pdf
郵便局の記号番号の真ん中の-1-の1は入れない事。

by 千田

e-Tax送信の還付先金融機関コード

e-Tax送信の還付先金融機関コード入力は、前ゼロ入れて7桁で入力して下さい。左詰めされると後ろスペースが送られて送信エラーとなっています。金融機関コードと支店コードを切り出して分割して送信していますので、7桁無いとエラーします。一応、対策版は出します。
弊社が提供している全国金融機関コード一覧からデータセットして貰えると、この様な事は起こりませんが、一覧に無いものは手入力しますものね。
注意喚起でした。

by 千田

申告書の提出先税務署は合っていますか?

本日、申告書の提出先税務署が違っていると言う問合せを受けました。昨夏に管轄税務署が変わったので修正して欲しいと依頼されたところからでした。
何でも、扶養是正情報の提出先税務署と申告書の提出先税務署が異なっているそうな?
と言う事であれば、その様に説明されないと。単に管轄税務署が変わったと連絡を受けると、その様に修正してしまいますから。
こちらでは国税庁のHPを基に管轄税務署の設定を行っております。複数署の場合も対応可能となっています。複数管轄なのにその様に設定していない自治体が1箇所だけ確認しています。大丈夫なのかな?S県ですよ。
今回のケースの場合、国税連携で来るデータには、局署番号はどこがセットされてくるのでしょう?基本的に扶養是正には、この国税連携の局署番号を設定していますので。
至急確認を。

by 千田

90通知差分配信について続報

地電協への問い合わせで今月末の差分通知資料(やっぱり紙でした)に社保の記載が無いので初回配信分から取得して下さいという回答があったそうです。
差分取込の実施を行って下さい。差分抽出ツールは本日リリースします。(そば屋の出前にならないようにします)

by 千田

年金90通知の再配信されないデータについて

本日再配信が行われますが、全件が再送になる訳では無いと先週書きましたが、再送を見込んでデータ削除したもののうち、再配信されないものを把握する必要が出てきました。
明日、近隣の市町村に行って、再送データを確認し、前回送信分との差分をとって来ようと考えています。
送られなかった分に関しては、月末に差分として通知されるそうですが、そちらには、扶養情報がアスタリスクで潰されていると思われますので、全くもって有難くないデータとなりそうです。
再送されなかった差分を控えておいて、これを強制取込して差分修正する(扶養データ部分なので修正も出来ないのか?)運用を行う事を想定していますが、差分抽出出来るユーザーは良いでしょうが(SEがやってくれるところ)、そうじゃないところはどうしたら良いかを検討中です。税務LANとして出来る事は何か?どんなツールを用意したら良いかを明日のデータ検証を待って計画しようと考えています。
先ずは、再送分を取りこんで通常処理。差分通知は月末でしょうから、それまでの間にツールなりの提供を検討したいと思います。まずは経過報告まで。

by 千田

2018/2/6 10:20追記

人口10万人あたり100件前後差分が出ました。

2018/2/6 15:40追記

分析速報
687受給者番号を突合して差分抽出。3~7%に差分有り。
【999】受給者番号での突合不可。訂正箇所以外の全項目突合。3%前後に差分あり。
OCR誤読のような内容が修正(ツ→シや邊→邉、高→髙)。

未配信データの内容としては、配偶者漢字氏名の場所にカナ氏名が記載。
再配信の全件にエラーがある訳では無かった様です。

これらを鑑みるに、再配信されなかった分も取り敢えず取りこんで処理して良さそうなレベル。
判断はお任せします。
取り敢えず、差分抽出するツールを作って明日の午前中に実地検証します。
アクセスや桐を持っていないところ向けです。桐…知ってるかなぁ、弊社はデータ加工に便利に使ってますが、26年前から。この程度の突合は、手作業設定1分で一発です。

そうこうする内にツールが出来上がったようです。50万件を12秒で突合。充分じゃないですか?(18:19追記)

 

by 千田

ページ移動

ユーティリティ

カレンダー

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed